雨でも枯れ木に咲かそうティッシュの花 〜2005.09.28〜
 
トップ戻 にほんブログ村 その他日記ブログへ 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.05.26 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
ロマンス
この半年間で僕はある称号を手に入れた。


こんにちは、桃忍者です。


その称号とはなんであろうか?


「実は最近モテ始めた称号」なのか。


「実はオチン○ンが意外と大きかった称号」なのか。


まぁ残念ながら、本気で残念なんだがどっちも違う。


そう。だって僕が手に入れた称号は






「ビルダー廃人」



・・・と言っても皆さんには何のことやらさっぱりだろう。


ビルダーとはガンダムカードビルダーという


ゲームセンターにあるゲームのことであります。


具体的にこのゲームがどんな形をしているかというと、










このゲームは何枚かのカードを組み合わせて


自分のオリジナル要素がつまったモビルスーツを作り、


そのカードを盤面で動かし操作して戦うゲームです。


そしてゲームを1回する度に画像左にあるような


ゲームで使えるカードが1枚でてきます。


まぁざっと説明するとこういうゲームなのですが、


僕はこれに大ハマリしてしまいまして、廃人と化したわけです。


さてさて、このゲーム。


さっきも言ったとおり











↑こんな感じでカードをコスって敵と戦います。


つまりですね、僕が何より言いたいのは


この数ヶ月間の僕の休日といえば


ゲーセンでカードをコスッてるか


家でチ○コをコスッてるかなんです。


「あんた終わってるわ」


そう決め付けるのはまだ早いよ、マチルダさん。


なぜなら僕はこのゲームを通じて運命の出会いをしたんだ。


それはまだこのゲームがネットワーク開通してなくて


全国対戦ができず店内対戦しかできなかった頃に起きた話である。


その日、いつものように僕はサテライトの前列に座り


もくもくとカードをコスってCPU戦で遊んでいたんだよ・・・。


「ふははは!わたしは強い!」


そんな自惚れをしていた時だった。


「戦闘シュミレーター発動!」


桃 「!?」


突然、店内の誰かが乱入してきた。


だが僕の左右に人は座っていない。


・・・後ろだ。


後ろに座ってるヤツがこの私に戦いを挑んできたのだ。


ふんっ、いい度胸だ!だが蹴散らしてくれる。


むしろ「気の毒だが、いただく!」僕そんな気分。


それにしても私に戦いを挑んでくるとは、どんな輩だ?


その面を拝ましてもらおうぞ!


そう思い、僕は後ろを振り返ってみた。


すると、なんとそこには






金髪のちょいギャルが1人座ってる。



桃 「なっ!?」


あまりに驚いた僕は、続けて叫びそうになる。











「続く」




こんなブログが2つの人気ランキングに討ち入り中。
投票方法は下に貼ってあるマークをクリックするだけです。
   
   ↓↓↓この2つです↓↓↓
にほんブログ村 その他ブログへ  
もし右のサイトで4位になれたら
『Only Holy Story』の続きを更新しますので、応援よろしくです。


ちょっと遅れておりますコメント返しは明日します!
【2007.05.25 Friday 00:36】 author : 桃忍者
| ガンダムカードビルダー(更新未定) | comments(32) | - |
ロマンス(続き)
前回はどこまで話しただろうか?


こんにちは、桃忍者です。


そうだ、確かあれだ。


乱入対戦してきたのが金髪ギャルというところまでだったか。


その姿を見た僕は思わずこう叫びそうになったんだ。











一瞬、彼女を倒すことにためらいを感じた。


だがそれは彼女に対して失礼か。


彼女は僕と対戦したくて乱入してきたんだ。


例えば道で金髪ちょいギャルに


「ねぇそこのカッコイイお兄さん?」


と声をかけられたとしようよ。とりあえずしとこう。


まぁ・・・何かと思えば例のアレだ。


彼女は恥ずかしげもなくこう言うんだよ。






「お兄さんのガンダムが欲しいの」



日本はとんでもない国になったもんだ。


この娘さんは僕のガンダムが欲しいんだってさ。


僕の機動戦士ガンダムが。


嘆かわしい。


流石の僕でも演説台に勃ち皆に剥かって叫ぶさ。


「勃てよ国民!」


実際勃つと思うんだよな。


自信がある。だから「いいよ」と即答したんだ。


でもそっから彼女はおかしなことを言う。






「1時間2万円でいいよ」



分給いくらなんだ姉さん。


でもガンダムのメンテナンスには


それくらいかかるのが今の世の中なのね。


アストナージへの感謝のつもりで払ったよ、2万。


きっとこんな僕が2万即払いしたのは下手に値切ったりして


「ケチ臭い男」と思われたくなかったからなのかもしれない。


だが性根に息づいている貧乏性まではぬぐえなかった。


僕はシャワーを浴びる彼女を待ちながら


頭の中で20000(円)を60(分)で割っていた。


桃 「・・・」


そして彼女の価値に、この時間の価値に気がつく。






1分=333円。



どうかしてる。正気の沙汰とは思えない。


そりゃこの後のプレイはそれくらいの価値はあると思うよ。


だが今はどうだ。






ベッドの上で割り算しているこの1分間も333円。



無駄に333円がロストしている気がしてならない。


ええーい、私に取り戻せるのか!?


いや、取り戻さねば・・・この膨大なロストを。


ギャル 「お待たせ〜」


桃 「お、おおう」


ここはできるだけ長く楽しまなきゃ損なのだよ・・・!


・・・


結論から言うと僕の機動戦士ガンダムは


起動後すぐに「コアファイター発射」という末路を辿った。


ギャル 「あは!随分早いね!たまってたんだ?」


桃 「まぁ・・・そう言われてみればたまってたのかも」


ギャル 「ちなみに最後にオ○ニーしたのっていつ?」


桃 「え?ああ・・・いつだっけかな・・・」


ギャル 「3日前くらい?それとも1週間前とか?」


桃 「うーん・・・」


僕は必死に思い出そうとする。


自分が最近オ○ニーをしたのが何時だったかを。


結局、彼女と5分くらいオ○ニーの話をしてた気がする。






オ○ニーについて考えた5分=1665円



どうかしてる。正気の沙汰とは思えない。


しかしまぁ世の中は正気の沙汰とは思えないことが多い。


僕に乱入対戦してきたこのちょいギャルもそうだ。


この身形の娘さんがカードビルダーをやってること自体が謎だ。


そしてこのカードビルダーというゲームも謎が多い。


次回はその話。




こんなブログが2つの人気ランキングに討ち入り中。
投票方法は下に貼ってあるマークをクリックするだけです。
   
   ↓↓↓この2つです↓↓↓
にほんブログ村 その他ブログへ  
もし右のサイトで4位になれたら
『Only Holy Story』の続きを更新しますので、応援よろしくです。


急いで書いたので話がどんどんそれていく。
【2007.06.06 Wednesday 09:04】 author : 桃忍者
| ガンダムカードビルダー(更新未定) | comments(30) | - |
←1日1回クリック投票お願いします!