雨でも枯れ木に咲かそうティッシュの花 〜2005.09.28〜
 
トップ戻 にほんブログ村 その他日記ブログへ 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.05.26 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
トラック桃バック
いつも桃色な話を提供してやまない忍者です、こんにちは。


さて、今日はうれしいことがあったので


こうやってネタでもない話をつらつらと書いております。


なんと14日、つまり昨日!


このブログに記念すべき初トラックバックがつきました!


御説明させて頂くとトラックバック機能とは


「あなたのこの記事を参考にして、記事を書きました」


と相手に伝えることができるというすぐれものです。


この機能によりまずトラックバックをした人は、


トラックバックを受けた人、つまりその記事の元になる記事を書いた人に


「あなたの記事を元に私はこう考えました」という事を知らせることが


できます。逆にトラックバックを受けた人は自分の記事に対して


他の人がどういう感想を抱いたかを知ることができます。


トラックバックをきっかけにブログ管理者同士の交流が深まります。


ただし関係の無い記事で無闇にトラックバックを打ってはいけません。
(↑JUGEMオンラインマニュアルより抜粋)


・・・とまぁトラックバックとはこういうものなのです。


つまり今回拙者のサイトに興味を持ち、尚且つ関係深い内容の


サイト様が拙者との交流を深めたいと望んでいるということになります。


うれしいではないですか!あーうれしいじゃないですか!


交流?全然キャモンレッツゴーですよ。


ではせっかくなのでこの場をかりてこんな拙者と交流を望むサイト様の


トラックバック内容をドドーンと紹介するとしましょう!!!



桃忍者様


あなたの記事にトラックバックがつきました。


htp://momoninja.jugem.jp/?eid=10


ブログ名:




着エロ



概要:



ムチムチ大好きは今話題のむちむちさんを紹介するブログです。


ムチムチ大好きな人は集まれ!
   ・
   ・
   ・
   ・

おい、


誰がムチムチ大好なんじゃ。


そんなこと勝手に決めるんじゃないよ!


僕はこのブログで一言もそんなこと書いてねーぞ。


くり返す!




確かに大好きだけど書いてはいねーぞ!



てかこれじゃあ僕のサイトがエロサイトみたいじゃないっすか!


冗談じゃねぇズラ!


この場を借りて言ってやる!


ガツンとバシッと言ってやる!


拙者のブログは自身が体験した面白い話を自身で面白く書き


皆さんの日常における笑いという活力薬を


1つでも増やそうという名目の下に設立された


健全なる桃色ブログなのであーる!


だから・・・


だからな・・・





いっそのことムチムチ大好きな人も集まっちゃえ!(涙)




そしてもう何もかもがムチャクチャだ。
【2005.10.04 Tuesday 10:42】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(0) | trackbacks(2) |
ホムンクルス
今日は日本語→中国語への翻訳の授業がありました。


大学4年生ともなると翻訳などという


得体の知れない課目がでてきて正直まいっております。


こんにちは、桃忍者です。


この翻訳の授業なんですが先生がまた厳しいのであります。


きっとうちの大学で一番厳しい先生じゃないでしょうか?


先生いわく翻訳とは1つの言語情報を


もう1つの言語情報になおすことであるそうです。


さすがに先生は日本語の研究をしているだけあります。


そんな先生が今日こんなことを教えてくれました。


「子供をはやくつくって欲しい」の「はやく」は「速く」ではない。


わかりますとも!ええ!わかっちょります!


もしも「子供を速くつくって欲しい」だったら


スピード感あふれるS○Xをしないさい!って意味ですもの。


そんなアトラクション的なS○Xでできる子供は


きっと僕みたいなホムンクルス(人造人間)です。


「子供達も難しい年頃にさしかかり」を


「一緒にお風呂に入りたがらなくなった年頃」


と訳そうとしたホムンクルスが生まれちゃいます!


けど僕は今でもあの翻訳が間違っているとは思いません。


なぜなら昔こんなやりとりを父上としたからであります。


父 「おい、桃。風呂はいるぞ」


桃 「いいよ、俺は一人で入るから」


父 「・・・ん?毛か!?桃よ!ついに毛が生えたのか!?」


桃 「うるせぇ!毛とか毛じゃないじゃなくて
   

親と一緒に風呂なんてださくて入りたくねーんだよ!」



父 「いーや、父さんにはわかる。毛だ、毛なんだろう?


桃 「だから毛じゃねえって!」


父 「ふぅ・・・気がつけばおまえも難しい年頃になったな」


桃 「・・・」


僕があんな翻訳しちまったのはあんたのせーだぞ、父上どの。



にほんブログ村 お笑いブログへ
ランキングに参加しています!よろしければクリックして下さいな。
【2005.11.01 Tuesday 18:31】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(0) | trackbacks(0) |
雲行き
どちらかと言えば癒されたい。


こんにちは、桃忍者です。


明日なんですが、学校の課題の関係で企業見学に行ってきます。


企業を見学しながら自分達で調べた資料と照らし合せ質問し、


そしてそれを基に今学期中にレポートを提出する課題があるのです。


この時点で拙者は頭が痛とうございます。


いっそ企業見学なんかほっぽりだして、




風俗見学に行きとうございます。



むしろ「行き」ではなく「イキ」とうござりますだ。


でも先生がそれは駄目だって。ふーん駄目なの?


そして記念すべき第一回の見学はレ○ボであります。


さすがの脱力系忍者でもこれだけ大きい会社なので気合も入ります。


僕のセブンセンシズ(第七感)が言ってます。


かわいい娘がそこにはいると。レ○ボにいると。


忍者よ刀を持て、明日は辻斬りじゃ!


レ○ボ行く娘ばバッサリ道場破り。


「もう食べれません」とは言わせません。


さて、このレポートなんですが、一人一部作成というわけではありません。


3人、もしくは4人でグループをつくり、


そのグループで一部作成すればいいのです。


4人で一致団結、まるで夢の4輪です。


そんな4輪と同じくこのグループで大事なレポートを


一緒に作成するのですから、


それぞれの国が近いにこしたことはないでしょう!


共通点が多ければレポート作成時に、もめることが少ないからです。


ちなみに拙者のグループの構成はと言いますと、


日本人が1人。←拙者のことですね。



ベトナム人が1人。



カザフスタン人が1人。



イタリア人が1人・・・








なんだかとっても雲行き怪し。


にほんブログ村 お笑いブログへ
ランキングに参加しています!よろしければクリックして下さいな。
【2005.11.02 Wednesday 16:00】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(0) | trackbacks(0) |
レ○ボ
今日は朝からレ○ボへ企業見学にいってきました。


こんにちは、桃忍者です。


集合は朝8時45分、4年生になり8時からの授業が


めっきり無くなった拙者にはきつい時間帯です。


とは言えこれは大事な授業の一環なので


きちんと7時45分には起床し、


ちゃんとオ○ニーをしてから


集合場所へと向かいました。


さて、2クラスでバスに乗り込みいざレ○ボへ。


僕の隣に座ったのはイタリア人、その隣がカザフスタン人でした。


40人ほどでギチギチにバスに乗っていると


唐突にカザフスタン人が



「まるでバトルロワイヤルみたいだ!」


と言いだし無駄にテンションが上がっております。


でもイタリア人は「知らんよ、そんな映画」と冷たい反応。


さすが35歳!あーたは生き残るタイプですわ。


レ○ボに着いたのは9時半くらいでしょうか?


会社の中に入ると案内役の人が来て何やらいろいろ説明しております。


ですがそんなレ○ボについての話なんぞ俺の耳には聞こえません。


ぺたぺたと僕は自由行動を試みる。


そして捜査開始から2分、桃忍者巡査部長は









うーん・・・どちらかと言われれば左!


でも左も職務質問をするほどのレベルではないな・・・


レ○ボの受付嬢ともなれば相当のレベルだと期待したんですが


僕的にはいまいちでした。終わりました、夏はもう終わりました。


そんな絶望感でいっぱいの僕を尻目に


今度は工場内の見学をすることに。


すると案内役が中を見学するために


指定されている衣服を身に着けてくれと言い出します。


レ○ボともなればこの衣服のデザインも一級品と思われます!


やはりこれからパソコン業界の荒波の


先頭を目指す一企業としてこんな所のデザインにも気を配る、


さすがですレ○ボ!!!


では御覧ください。


衣服を完全装着し、中を見学する風景を。









つーかなんなんすか!この扱いは!?


拙者、罵られて来た数ははかりしれませんが


こんな扱いをされたのはオ○ニーしてから初めてです!


こうなりゃやけくそじゃ。


皆の衆、刀を持て、手裏剣をかざせ。


そしてレ○ボを汚してやろう!真っ白に汚してやろう!


くらえ、クライマックスに迫る桃忍者の桜吹雪!










にほんブログ村 お笑いブログへ
ランキングに参加しています!よろしければクリックして下さいな。
【2005.11.03 Thursday 23:43】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(0) | trackbacks(0) |
マーガリン
テストが終わり帰宅した桃忍者です、こんにちは。


終わったと言ってもまだ明日の2科目が残っているので


全く開放感には溢れていません。早く溢れたいです。


さて、勉強でもしようかなと考えていたところ


コンコンっと、うちの家をノックする音が聞こえました。


ドアを開けてみると・・・


知らない人が立っています。


しかも二人。


しかも中年夫婦。


これぞ中国。中国だからこそありえる光景であります。


「誰だよ・・・こいつら」


と頭の中の回線をうまく繋ごうと思いますが


どうやっても繋がらないので聞いてみることにします。


桃 「あの・・・どちらさまですか?」


男 「今回、この部屋の二階下の部屋に
   

引っ越そうかと思いましてこちらに伺いました」


へぇ・・・っておい。



答えになってませんよ!それ。


そして男はこう続ける。


男 「そこでですね、部屋を見せていただけませんか?」





何いってるんですか?この人は。



2階に引っ越すなら2階のその部屋見に行けよ!


なんで僕の部屋を見にくるんだよ!




つーかだいたいここ4階だぞ!?


百歩譲ってせめて3階にいけ!3階に。


女 「すいません、お願いできませんか?」


はっきり言って、どうぞ御遠慮いただきたい。


だがここでチビッたらイエローモンキーだ。


そんなわけで知らない人を部屋に招きいれることにします。





もちろんバット片手に。



だって危ないじゃないですか!


もし奴らが押し込み強盗だったらどーするんですか!?


留学生が4階に住んでると聞きつけて


狙ってきた可能性も無くは無いわけですよ。


おまけにここは4階。彼らが住むと言ってるのは2階。


どー考えてもおかしい!裏があります。裏スジが。


さて、部屋に招き入れると


彼等は水を得た魚のようにハシャギだしました。


そっからはもう質問の嵐。


洗濯機はどうだとか水の出はどうとか


窓から隙間風は入るのかとか、まぁもろもろです。


そんな会話をしているとちょっと安心してきました。


どうやらこの人達は押し込み強盗ではないようです。


そして会話は続きます。


男 「なるほど家賃はそれくらいの値段なんですか」


桃 「そうですね。まぁ外人だから


高めになってるのかもしれないですけど」


女 「あら!外人さんなんですか?」


桃 「ええ、まぁ」




女 「もしかしてアメリカ人ですか?」


おい、女。




そんなわけねーだろ。


僕のどこをどう見たらアメリカ人になるんだよ!?


ジョークか?それはアメリカンジョークってやつなのか!?


桃 「いえ・・・日本人です」


女 「あらそう。私はてっきりアメリカ人だと思いましたよ」
   

てっきり?なんだてっきりって。


だからなんで俺がアメリカンなんだよ!アナメリキャンなんだよ!


もしかしてあんたが言うアメリカってのは・・・










でも実際そんなことは全くないので、ここは言わないでおきます。


その後もしばらく家のこと聞かれましたが


特に危険なこともなく、彼等がそろそろ帰りますと言いました。


結局なぜ僕がアメリカ人と言われたかは謎。


釈然としない思いを抱えながら、一応ドアまで見送ることにします。


男 「本当にありがとうございました」


桃 「いえいえ、どういたしまして。でも思うんですが


一度2階の部屋を見た方がいいと思いますよ。


構造が完全に一緒とは言い斬れないですし


家具なんかもけっこう違うんじゃないかって」


男 「私もそうしたかったんですが・・・
   

部屋を案内すると言った人がなぜか今日来なかったんです。


3階は留守でしたのでそれでこちらに」



おい、キサマ。





先にそれを言ってくれ。



いろんな意味で中国を体感、そんな昼下がりでした。


そして明日テストなのにこんなネタをくれた中年夫婦、


あんたこれ書くのにどんだけかかったと思ってんだ!


もし明日のテストの出来が悪かったら、


2階の部屋のドアノブにマーガリンをそっと塗っておきます。


そうとも、僕が奴等の出鼻をくじく。


にほんブログ村 お笑いブログへ
ランキングに参加しています!気がつけば2位まで浮上!
これも一重に皆さんのおかげです。これからもクリックして下さいな。
【2005.11.09 Wednesday 14:04】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(4) | trackbacks(0) |
ようやく中間テストが終わりました!


開放です、もはやオールフリー状態です。


と見せかけて・・・


実は明日また企業見学に行くんです。


しかも明日は2つ回るそうです。


一日に2企業も回っちゃうなんて豪華ですね!


頼んでもない料理だすんじゃねーよ!って文句言いたくなります。


せっかく中間テストが終わったのに、ちっとも気分が晴れません。


忙しくてオ○ニーする時間さえありません。




すいません、それはあります。



おまけに明日行く場所がまたひどい。


北京ではなく天津なんです。


バスで片道2、3時間はかたいそう。


あのギチギチ40人バスにまた乗ると思うと眩暈がします。


更に、集合時間が朝の6時45分。


良い子はまだ寝ている時間です。


一時間前には起きたいので最低5時45分には起床。


ですがオ○ニーする時間を考慮したいので、5時ぴったし起床です。


うーん、しかし朝起ちオ○ニーって好きじゃないんです。


こう何といいますか・・・違和感、そう、違和感を感じるんです。


朝起ちって別に興奮しているから起っているわけではないはず。


あれは生理現象です。どーしようもないことなんです。


それなのにそれを利用してオ○ニーをする。


んー違和感。


つまりそれはそれをするために起こっている(または存在している)


わけではないが、あえてそれを利用して別のあることをする。


ということになります。


てかこんなん聞かされても、皆さんはわけわかりませんよね?


つまり何が言いたいかと言いますと


オスが朝起ちを利用してオ○ニーするということは




メスがナスでオ○ニーするのに似てるということです。


メスがナス、語呂がいいっす。


ナスは食べ物であって穴にぶち込むために存在してるんじゃありません。


ですがあえてソレをぶち込む娘も探せばどっかにいるんです。


さらに言うと・・・




オスがメスをナスでオ○ニーさせる。



こんなことをしている人達だって存在します。


冒涜です。これはオ○ニーの神、シコッティ様に対する冒涜です!


さらにさらに




オスがメスのアスにナスを入れてマスかいてマス。


捕まえて下さい!誰か彼等を捕まえて下さい!


アスは駄目です。そいつは邪道だ!


そうなんです。


きっと明日訪問する企業の


オスやメスも夜な夜なそんなことをしているんです。


・・・許せません。


オ○ニーの神シコッティ様に対する数々の冒涜行為。


もうこれは天誅だ。


桃忍者がシコッティに代わり天誅を下しちゃる。


ということで










オ○ニーの何たるか、教えちゃる。



にほんブログ村 お笑いブログへ

ランキングに参加しています!なんとこの度、一位に浮上!
これも一重に皆さんのおかげです。
すぐ落っこちるかもしれませんが、これからもクリックして下さいな。

【2005.11.10 Thursday 18:46】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(4) | trackbacks(0) |
刹那の好機
ただいま企業見学から無事に帰還しました。


こんにちは、桃忍者です。


いやはや行きのバスにしろ、帰りのバスにしろ相当きつかったです。


席と席との感覚が非常に狭いのでヒザが痛い。


そして腰はもっと痛い。


俺の腰は体の部位で1番重要なんだよ!心臓なんだよ!


おい、あんた俺が今夜腰ふれなくなったたどーすんだ!?


責任とれんのか!?




けどまぁ今夜は腰振る予定がないので勘弁しといてやる。


さて、今日は天津にある2つの企業をまわったことですし、


その御話をするとしましょうか。


昨日書いたとおり今日は北京を6時45分に出発。


・・・のはずが先生達が7時にきて、はやくも僕キレそうです。


つーかあんたら集合時間7時にしてたろ!?


とMAJIで激しいツッコミする5秒前です。


きっと生徒達が遅刻してくるのを見越しての行動でしょうが


それでも生徒の模範たる先生がそれをしてはいけない気がします。


ここは拙者がガツンと言ってやる!と思いましたが




俺も天晴れ遅刻したので今日は勘弁しといてやる。


ナイスサイコメトリーです、さすが先生方。


北京を出発して約2時間半、


1つ目の企業SA○SUNGに到着。


さぁ!見せてもらうぞ、ミスターSA○SUNG!


二時間半も拘束したその代償、ここで払ってもらおうじゃないか。


入り口をくぐりいつも通りぺたぺた歩き自由行動開始。


そして・・・









皆さんどうですか?


興奮しましたか?


あ、そうでもないですか。


でしょうね、僕的にもそうでもないです。


もし風俗でこの娘がいても2時間半の指名待ちする気にはなれません。


所詮SA○SUNGと言えどこの程度。


もう萎えちゃって、その後の企業説明はうわの空。


というより爆酔。しかも一番前の席で。


そんな感じで、たいした収穫もないまま1つめの企業見学は終了。


期待は2つめの企業に託されました。


バスに乗り込み「さあ次へ行こうか」という時に


先生が20分休憩を入れるとのこと。


これは乙な采配です。めずらしく気が利いてます。


せっかく北京から来たんです。


観光気分で天津の町でも見せてくれるんでしょう!


だが下ろされた場所は・・・





ただの公園。



ふざけんな!こんな所で何すんだよ!


ハトに餌でもあげろってか?でもハトすらいねーよここ!


まぁ本当にすることがないので腰をおろしぼけーとすることに。


すると反対側の道にドカタのおじさん達の集団を発見。


あまりにも暇なので拙者は









右のおじさんにすごい変な目で見られて、


ちょっと恥ずかしかったです。


時間は流れ2つ目の企業に到着。


もうあまり説明する必要もないと思うので


御決まりコースいっときます。


僕はドアをくぐりぺたぺたと自由行動を開始、


そして・・・









今回は結構マトモじゃないですか!?


左の娘はどうでもいいとして、右の娘けっこう普通です。


まぁ前回前々回とイマイチな娘ばかりだったからかもしれませんが。


さすがにあんなのばっかり見てきたら、目だって曇ります。


とはいえ・・・今回は上機嫌です!!!


企業説明にも身が入ります。


そして大きな会議室みたいな所に入り、説明が始まりました。


すると遥か前方に









おおう!こいつは意外な収穫。


アップだ!ここはデジタルズームで彼女に迫るしかない!


前かがみでカメラを構えシャッターチャンスを狙う俺。


まだか・・・まだか・・・


次の瞬間、彼女が椅子に座ろうとした。


チャーンス到来!デジタル全開!


その刹那の好機を捉えるべく


拙者はここぞとばかりシャッターを斬った!








ぐはっ!・・・でもある意味ナイス


にほんブログ村 お笑いブログへ

ランキングに参加しています!なんとこの度、一位に浮上!
これも一重に皆さんのおかげです。
すぐ落っこちるかもしれませんが、これからもクリック御願いします!
【2005.11.11 Friday 23:18】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(5) | trackbacks(0) |
サイレン
週末も今日で終わりですね。


皆さんはどんな週末を御過ごしになったんでしょうか?


彼女とデート?友達とわいわい?


まぁどちらにしても桃忍者のブログに来ている時点で


たいした週末ではないんでしょう。


こんにちは、桃忍者です。


え?さっきのコメントが失礼だって?




かてーこと言うなよ!



さて、木曜日に中間テストが終わったのは皆さん御存知かと思います。


あまり勉強がんばった感覚はありませんが(大問題です)


それなりに疲労困憊はしました。


拙者、もうテストという単語を聞いただけで


胃が痛くなる人種なんです。


そういえばテスト期間中だった5日前、こんなことがありました。


勉強するわけでもなく、しかし一端に机に向かっていると


唐突にうちの電話がなりだします。


ぷるるるるるる・・・・


ふむ、こんな時間にかけてくるとは一体どこの豚だ?


ガチャ、


桃 「はい、もしもし」


母 「もしもし。あら、家にいるのね」


桃 「なんだ、母さんか」


豚です。豚も豚、それは見栄っ張りな豚からの御電話でした。


母 「あんた学校は?こんな時間に家にいるなんて、


まさか授業サボってるんじゃないでしょうね?」


桃 「は!?今日の午後の授業は4時なんですけど」


なんと失礼な豚でしょうか?


自分から電話かけてきておいて


家にいたらまず家にいるべきではないみたいなコメント。


失礼だ!相変わらず失礼な人だ!


母 「そうそう、今日はちょっと用事があるのよ」


桃 「ふーん、それは何だい?」


僕の口元に笑みがこぼれます。


毎日ブログを読んでくれている人は知っていると思いますが


11月4日は拙者の誕生日でした。


ですがうちの家族は電話なんてかけてきやしない。


今日はきっとそのことで電話してきたんです。


拙者が親戚中に忌み嫌われている駄目忍者とはいえ、


さすがに自分のお腹を痛めて産んだ子供、


その子供の誕生日を忘れていてごめんねって電話なんです。


さぁ母さん言っとくれ!僕に息子の実感を沸かせておくれ!


桃 「それで、今日は何の用事だい?」


母 「そうそう!来週なんだけど
   
   
   


やっちゃんの息子の誕生日なのよ







補足させて頂くと「やっちゃん」とは僕の従兄弟である。


僕よりも人間としての出来が格段に良く


大手製薬会社に勤めていて親戚中が認める人間の1人だ。


そして来週にその俺の従兄弟の息子の誕生日があると・・・


んんん?









そんな馬鹿な!?


いくら母さんでも僕の従兄弟の息子の誕生日は覚えていて


僕の誕生日を忘れているなんてことはあるはずがない!


わかってるよ、母さん。


この後に


「そういえば桃すけも先週誕生日だったわね、電話もしなくてごめんね」


ってな具合に続くんだろう?


あーそんなことはわかってるさ、母さん。


さぁ言っとくれ!あんたの愛を証明してくれ!


桃 「ふーん、誕生日ねぇ・・・そんで?」


母 「それで聞きたいんだけど、




あの年頃の男の子って何が好きなのかしらね?



桃 「・・・」


おい、そこの産みの豚









いや待て、早まるな、俺。


今ここで斬れるのは得策じゃない。


まだ全てが全て絶望に閉ざされたわけじゃーない!


あの年頃の男の子が欲しがる物を教えた後に


「それで、桃スケは何が欲しいの?」とくる可能性がある。


そうだ、そうに違いない!


さすが拙者の母上、ひっぱりが御上手ですな。


さあそろそろ言っておくれ。


あんたの海より深く山より高い愛をぶつけてくれ!


桃 「うーん・・・小学生の欲しがる物か」


母 「そうそう、あんたならわかるでしょ?」


桃 「けどそれは子供によって違うから、


親であるやっちゃんに聞いた方がいいんじゃないか?」


母 「それもそうね・・・じゃあそうするわ」


桃 「まぁ俺の欲しい物ならわかるんだけどね、はは(失笑)」


母 「そんなことより、ちゃんと授業いきなさいよ」


桃 「ええ!?そんなことって・・・」


母 「じゃあ一応体には気をつけてしっかり勉強しなさい」


桃 「おい!ちょっと待っ・・・」


ガチャ!


ツーツーツー・・・


既に斬れてしまった電話を片手に呆然とする僕。


母さん、言ってもいいかい?


もう聞こえないだろうけど言いたいこと言っていいかい?










世界の中心で愛をヨコセと叫ぼう。


にほんブログ村 お笑いブログへ
ランキングに参加しています!只今1位をキープ!
これも皆さんの左クリックあってこそ!これからもよろしくです。
【2005.11.13 Sunday 16:55】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(0) | trackbacks(0) |
サタデイ
土曜日の夜のことなんですが、


友達5人と一緒にお好み焼きをしました。


別にお好み焼きをすることは


たいして非日常的なことじゃありません。


ましてや週末、授業もないのでわいわいするのがむしろ日常的です。


だが・・・僕には1つ気になることがありました。


先々週の金曜日、つまり11月4日、


みんなでご飯を食べたにもかかわらず


「実は今日は僕の誕生日」と言うことを隠して


次の日にまんまとあんなネタ話をブログに書いたんです。


怨まれてます・・・絶対怨まれてます。


でもだって仕方ないじゃないっすか!


僕は祝われたりするのが苦手なんです。


リアクションとりづらいし、決めウチは強いけどアドリブが効かない、


そういうタイプの笑いが主体の僕には仕方ない選択肢だったんです。


だからうちでお好み焼きをするって聞いた時に思ったんです。


こいつら1週間時間差で僕を祝う気じゃないのかって。


そんなことが頭の片隅にありましたが


とりあえず男4人だけでお好み焼きの準備をします。


料理ができる男が2人ほどいたので準備はすぐ終わりました。


見た感じいい出来です!さすが1人暮らしを経験済みの男2人。


ちなみに



僕は何もしてない。



後ろの方で椅子に座って「ちげーよ!」とか


「ズバッとやっちゃいな!」とか言ってるだけでした。


男二人のがんばりのみで準備も無事終わり、


しばらくすると女友達が二人遅れてきました。


娘の手元を見ると・・・


ホットプレートのみ所持。


ふーむ、どうやら今日は僕の誕生会ではないようです。


プレゼント臭い、もしくはケーキ臭い物でも持ってくるんじゃないかと


疑ってたんですが見事に勘違いだったようです。


それからは気が楽でした。


「青のりかけんな!」とか「紅しょうがのせんな!」とか


言いながらお好み焼きを食べます。


ところでお好み焼きを食べる時って皆さんはどう食べますか?


やっぱり上にソースとマヨネーズをかけるんでしょうか。


でも僕は上にソース類をかけるのが大嫌いです。


ソース用に別の取り皿が欲しいくらいです。


お好み焼きに青のりも紅しょうがものせず


ソースとマヨネーズを皿の端っこの方につけダレ風に配置する。


「絶対おかしいっすよ、それ」とツッコミをくらいました。


僕自身、頭の中が異常だったのは気がついていましたが




まさかお好み焼きの食べ方まで異常だったとは新発見



たらふく食い散らかしたところで、僕はゴロンと横になります。


すると周りはせっせと後片付けをし始めました。


その一部始終を見守る僕・・・




年上最高。


これが25才の年上特権ってやつです。


あー無駄に年取っててよかった。


しばらくすると台所で洗い物をしていた音がやみます。


「お?終わったかな?」と思って気抜けていると・・・



不意にケーキを持った友達5人がドアから入場。


なに!?この俺が完全にはめられただと!?


今日はやはり僕の誕生会だったようです。


おのれ手のこんだドッキリしやがって・・・



リアクションとりづらいじゃねーか!

僕は中途半端なリアクションをとりつつ、蝋燭の日を吹き消します。


すると今度は


プレゼントらしき物を持って皆が再入場。


まずは娘二人からの誕生日プレゼント。


それは暖かそうな毛布でした。


いいです!非常によかよ。北京の冬は寒いので


これから生きていくために毛布は必要不可欠なものです。


でも、


でもさ・・・








いやいや、貰っておいて文句いいたくないんですけどね。


うれしいっすよ、ベルサイユチックで素敵な毛布ですよ。


そしてちょっと感動している俺に娘の1人がこう言う。


「ケースにコメント書いてあるからそれもちゃんと見て下さいよ〜」


OKわかった。


しかと見てやろうじゃないか!


僕の25才の誕生日を祝う言葉を見せてもらおうじゃないか!!








おい、


俺は26才じゃねーぞ。



後半の「おめで玉チン」よりも前半の「26才」に問題ありだ。


だがこの間違いは娘の故意であったことがすぐに発覚。


くっ!・・・変なボケかますんじゃねーよ!


26才って見てツッコミするどころか


本当に自分は26才だと思ったじゃねーか。誰が健忘症じゃ!


ちなみにコメントにDEAR会長と書かれていますが


会長というのは僕のあだ名です。でも何の会長かは秘密です。


さて、続いて男3人のプレゼント贈呈です!



だが奴らは手ぶら。


小さい物なのかな?と想像を膨らませていると


男の1人がポケットから何かを取り出して渡してきた。


それは・・・








さすが兄弟!よくわかってらっしゃる。


しかもご丁寧にお水代と書いてあります。


お水代といっても、きっとあっちのオミズ代です。


別に書かなくてもそこしか行かねーよ!他に使い道なんかねーよ!


いや〜ありがたい。感謝の気持ちでいっぱいです。


この場をかりてありがとうございました。


え?なに?


別に毛沢東4人じゃなく諭吉4人がよかったなんて思ってませんよ。


にほんブログ村 お笑いブログへ
   ↑↑↑
ランキングに参加しています!
桃忍者を挿入してく・・・あわわ、
投票してくれる方はクリックしてやって下さい!(チン謝)
【2005.11.14 Monday 23:59】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(1) | trackbacks(0) |
頭文字N
なんとぉ!火曜日もいよいよ終わりに近づいてきました!


あ、ここは別に盛り上がる所じゃないですね。


こんにちは、桃忍者です。


そして今日から日記ブログランキングの方に移転しました。


皆さんのおかげで笑いブログでは1位もとれたことですし


もうそろそろ違う所を汚染しようと思います。


これに懲りずに是非とも応援よろしくお願いします!


さて、留学中にも関わらず


毎日ブログをせっせこ書いてるわけですが


そのかいあってか、つい最近ある友達に


「さすが面白いブログですね!」と褒められました。


そこで会話が終わればよかったんです。


でも二人は会話し続けます。


桃 「あ、そう?まぁがんばって書いてるからな」


N 「そうっすね。ランキングも上がってますしね」


桃 「そりゃあ毎日書いてるからだろ。さすがに上がるでしょ」


N 「そうなんすか?けどまぁ・・・よく毎日書けますね


桃 「・・・」




それは僕が暇人ってことですか?



あーそうさ!どーせオラ暇人だよ!


留学中にも関わらずブログばっかやってるよ。


ブログしてはオ○ニーして


オ○ニーしてはブログやってるよ。


そのうちブログしながらオ○ニーしちゃいそうな自分が怖いよ。


いやオ○ニーしながらブログする方が気持ちいいのかな・・・


てかどっちも気持ちいいからどーでもいいよ!


でも何事も毎日続けるけるってのは良い事なんだ!


続けることに意味があるんだい。


君にはこの叫びが聞こえていますか?


友達とはN君、おぬしのことだよ。


ちゃんと自分のことだってわかってるかい?


あーわかってないのかぁ。


Nだけじゃわかりづらいのかなぁ。


言いたくないなぁ・・・言っちゃマズイのかなぁ。




中村、おまえのことだ。


さて、このイニシャルN君(今更)なんですが目が物凄い綺麗なんです。


初めて彼を見た時は


「なんて綺麗な目をした男なんだろう」と本気で思いました。


目に力があって、そして澄んでいて、見ているだけで


まるで吸い込まれそうな目とは彼の目のことです。


更に更に!・・・の前に1つ言っておいていいっすか?



別に俺はホモじゃねーぞ。


なんか勘違いされそうなので一応言っておきました。


ただでさえ、どんな女妖怪でも食べれちゃうキチガイなのに


実はあのキチガイは男もペロッとおいしく頂ける二刀流でした


なんていう想像を勝手にしないで下さい。


これからの僕の人生に関わります。


それどころか今度こそ本気で捕まってしまいます。


まだ臭い飯なんて食べたくありません。


さて、このN君はなかなか面白みのある人で


強い意志を感じる目とは裏腹に雰囲気は癒し系なのです。


ある雑誌の表紙を飾った時には


「本当に意志の強い人は目でその全てを語る」


みたいなことが書かれてました。


ふーん・・・目で語るね。



じゃあ目がエロイと言われてる僕は何なんですか?


最近に至っては「目がエロイ」が「目もエロイ」になっています。


それはあんまりじゃないか!


なんかエロ以外に取り柄が全くない人みたいじゃないか!


だいたいエロは取り柄ですらないじゃないか!


他にもある・・・こんな僕にだって他にもある!


例えば夜中に1人っきりでゲームやっていて







てことでこれを見ている皆さーん、


僕の取り柄があるならコメントor中傷していって下さいな。


にほんブログ村 日記ブログへ
   ↑↑↑
桃忍者は只のエロって思った方!
投票お願いしまーす!

【2005.11.15 Tuesday 23:43】 author : 桃忍者
| 日記 (05年9月〜11月) | comments(6) | trackbacks(0) |
←1日1回クリック投票お願いします!