雨でも枯れ木に咲かそうティッシュの花 〜2005.09.28〜
 
トップ戻 にほんブログ村 その他日記ブログへ 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.05.26 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
マイワールド
それはいつもと変わらない金曜日のはずだった。


怪談話のような始まりで失礼、


そしてこんにちは、桃忍者です。


昨日僕は午前中、午後とも普通に授業に行きました。


それどころか、今週は遅刻欠席ともに零。


めずらしく優等生を装ったわけであります。


だが不慣れなことをしたからでしょうか?


金曜日の僕は非常に疲れ斬っていました。


せっかくの花の金曜日!


どこかへ遊びにくりだそうとも思うのですが、


気持ちがついてきません。


とりあえず寝てしまおうか・・・


僕はベットへ雪崩れ込み、


死んだように深い眠りへと誘われます。


そして・・・どのくらい経ったのだろう。


どこからか僕を呼んでいる声がする。






アテナ 「桃・・・起きなさい」


桃 「ん・・・」


アテナ 「桃、あなたは大事なことを忘れていますよ」


桃 「大事なこと?・・・それよりあなたは誰だ?」


アテナ 「私が誰だかは今はまだ教えられません。


それよりあなたは大事なことを忘れているのですよ」


桃 「なんだ・・・俺がなにを忘れているって言うんだ?」


アテナ 「起きればきっと思い出すはずです」


桃 「待ってくれ、君はいったい・・・」


アテナ 「寝ている暇などないはずです。さあ目を開くのです。


スコーピオンの桃よ・・・」


桃 「・・・え!?」


不思議な声に呼び起こされた僕、


だが辺りを見回しても誰もいない。


その次の瞬間、僕の身に不思議な現象が起きる。


桃 「歌だ・・・歌が聞こえる・・・」



そして歌は響き渡る。






ハッピバースデー桃さーん





ハッピバースデー桃さーん





ハッピバースデーディア桃さーん






ハッピバースデーテュー













はい!ということで昨日こと、


11月4日は僕の誕生日でした!


めでたく25才にもなり、四捨五入すれば30です。


あ、このケーキですか?


これは誰にも祝ってもらえないなら


いっそのこと自分で祝ってしまえという






ただの自己満足です。



要するにこれは



僕の僕による僕のためのバースデーパーティー。



まるでオ○ニーです。


ちなみにケーキは今日の午後、


もちろん1人で買いに行ってきました。



「名前は何と入れますか?」と店員に聞かれた時



「meでお願いします」と言った



あの瞬間の桃忍者の勇気は賞賛に値します。


しかも店員さんに



「名前の部分のmeのMは大文字ですよね?」



と聞かれました。


きっと店員は「Meさん」という


女の子にでも贈るんだと思ったんでしょう。


それを





「いや、小文字でお願いします」



そう言った僕の後姿には、


戦国武将も真っ青だったはずです。



「それは寂しい誕生日でしたね」



いえいえ、別に寂しくなんかなかったですよ。



「でもそんなの信じられないわ」



まったく疑い深い御客様たちですね。


そこまで言うなら、これを御見せしましょう!


拙者、1人でケーキを買って食べましたが


少しも・・・そう少しも寂しくなかったて証拠を!













そうさ私はさそり座のおとこ。



下のマークをクリックで投票したことになるので、お願いします!
   ↓↓↓      ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


お手数ですが、上のタグを2つともクリックして頂ければ幸いです!
【2005.11.05 Saturday 23:40】 author : 桃忍者
| マイワールド | comments(8) | - |
マイワールド2006 [1]
一昨日こと11月4日は僕の誕生日でした。


こんにちは、桃忍者です。


ところで皆さんはこんなことを調べたことがありますか?


自分の誕生日と同じ誕生日の有名人を調べたことが。


一緒だから別段どうということもないのですが


何故だか気になってしまう、そんなこともありますよね。


僕だってそうです。


だから26才になって今更ながら調べたのです。


すると、ある有名人と誕生日が一緒だった。


その有名人とは











いや・・・




ちょっと微妙だろ、これ。



アムロは好きだけど、あまり実用的じゃない。


例えば周りの人間が


「私(俺)は○○と誕生日が一緒なんだ!」


という会話で盛り上がっているとする。


その空気の中で






「僕はあのアムロレイと同じなのさ」



これは実際どうなんだ。


どうなんだと言えば、一昨日の僕はどうなんだ。


何で誕生日なのに






ゲームセンターに行ってたんだ。



しかもガンダムのゲームをやりに行ってた。


まぁこれだけ聞くと「なんて寂しい人」と同情されそうだが


当人の僕はそんなに寂しいとは思ってなかった。


むしろ一人でガンダムのゲームを堪能していた。


そう僕は楽しんでいたんだ。


それなのに


突然、小学生が乱入してきた。


ああ、なんて命知らずのチャッキーか。


僕はあのアムロレイと誕生日一緒なんだよ?


もうニュータイプみたいなもんですよ。


そして更に、僕の使っている機体はグフ(ユナイテッド)だ。


ザクとは違うのだよ、ザクとは。


正直、子供相手に本気になるのも気が引けるし、大人気ない。


しかし僕はつい本気で戦ってしまったんだ。


その結果






小学生にボロ負けした。



なに、これ。


しかもリベンジする気も起きないくらいギタギタにやられた。


せっかくザクとは違う機体使ったのに、






ザクみたいだった。



この豪快な負け様が恥ずかしいので、僕は一旦その場を離れる。


そして遠くからその子供のプレイが終わるのをコッソリ見てる。


桃 「・・・」


豪快に暇である。


あまりに暇なので、UFOキャッチャーをやってみた。


そしたら











ハロウィンとか、もう過ぎてるのに


ハロウィン使用の『ぷー軍団』が全部釣れた。


いやはや流石に誕生日だけあって釣れ運が違う。


全種類とれて本当によかったです。


ねぇホントにまぁ






何だ、この誕生日。



そんな気分のまま、僕はぷー軍団を袋にかかえ帰宅。


ドアを開け、母さんにそれを見せると


「ずいぶんと寂しい男ね」と追い討ちをくらう。


たまらず僕は自分の部屋に逃げ帰る。


そして部屋に入ると犬がいた。


レオは帰宅した僕よりもぬいぐるみに興味深々。


しかし、この戦利品をこの犬にあげるわけにはいかない。


そうだ、このぬいぐるみは「いつかできる彼女」にあげるんだ。


僕はそうレオを説得する。


その結果













こんなブログが2つの人気ランキングに討ち入り中。
投票方法は下に貼ってあるマークをクリックするだけです。
   
   ↓↓↓この2つです↓↓↓
にほんブログ村 その他ブログへ  
もし右のサイトで10位になれたら
『Only Holy Story』の続きを更新しますので、応援よろしくです。


1周年記念イベント←11月末に応募〆切ます。
参加全員を会員制サイト「裏ネタリウム」にご招待の予定。

誕生日祝いのメッセージくれた方、ありがとうございました!
【2006.11.06 Monday 19:22】 author : 桃忍者
| マイワールド | comments(24) | - |
マイワールド2006 [2]
更新おくれて申し訳ない。


こんにちは、桃忍者です。


さてさて久しぶりの今日の更新は、終わったと見せかけて


実はこないだの誕生日の御話に続きがあるので、その話を。


2006年11月4日。


それは誕生日だというのに、何の変哲もない1日だった気がする。


だいたいUFOキャッチャーで「ぷーさん」獲ったから何なんだ。


ゲームセンターに行っただけの誕生日には変わりないじゃないか。


僕はこの落胆を癒すのごとく、


部屋で一心不乱に犬をイジっていた。


すると


「桃ー、ご飯よー」


一階から母さんのご飯コールが聞こえてくる。


桃 「ほいほーい」


犬を脇にかかえながら階段を降り、食卓へ。


ガチャッ


そうドアを開けた僕の目が、


食卓の上に置かれているある物を捕捉する。


そのある物とは











桃 「どどどどど、どうしたの?これ」


母 「だって今日あんた誕生日でしょ?


だからさっき不二家で買ってきたのよ」


桃 「へえ・・・わざわざどうも」


母 「それがね、買う時に店員さんに笑顔で


『お子さんは何歳なんですか?』


って聞かれちゃってね・・・困ったわよ」


桃 「ははは・・・確かに26歳とか言えないしね」


母 「そうなのよ。ごまかすの苦労したわ。


だいたいね・・・あんたもあんたなのよ」


桃 「は?なにが?」


母 「こっちは誕生日だから


てっきり家でご飯食べないと思っていたのよ。


それなのにひょっこり帰ってくるでしょう?


まったくもって・・・






気を使わせてくれるわ」



桃 「・・・」


なに、この人。






祝いなのか嫌味なのかよく分からない。




母 「まぁいいわ。とりあえず先に


これ食べちゃいなさい。それからケーキをカットするから」


桃 「・・・」


ケーキを買ってきたことは感謝すべきなんだろう。


僕だって大人だ。変に曲がらず感謝もできる。


だがどうだ。


その感謝の心が消し飛んでしまうくらいに、


僕は母さんが「先にこれ食べちゃいなさい」


と言いながら、目の前に置いた物に文句を言いたい。


ねえ、母さん。











流石に「どんべえ」はないだろ!


そりゃ僕はきつねよりたぬき好きだけどさ、






誕生日に「どんべえ」って罰ゲームだろ。



しかも何か、それを誤魔化すように置かれてる











もう過ぎてしまった僕の26回目の11月4日。


それは誕生日の夕飯というより





「引越し祝い」みたいな夕飯だった。




こんなブログが2つの人気ランキングに討ち入り中。
投票方法は下に貼ってあるマークをクリックするだけです。
   
   ↓↓↓この2つです↓↓↓
にほんブログ村 その他ブログへ  
もし右のサイトで4位になれたら
『Only Holy Story』の続きを更新しますので、応援よろしくです。


1周年記念イベント←11月末に応募〆切ます。
参加全員を会員制サイト「裏ネタリウム」にご招待の予定。

ランキングなのですが、気分転換に参加カテゴリを変えてみました。
そんなわけで目標順位も4位に変わりました。
この場を借りて、押して下さっている方々に感謝です!では。
【2006.11.11 Saturday 02:27】 author : 桃忍者
| マイワールド | comments(18) | - |
←1日1回クリック投票お願いします!