雨でも枯れ木に咲かそうティッシュの花 〜2005.09.28〜
 
トップ戻 にほんブログ村 その他日記ブログへ 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.05.26 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
毘沙門【第弐部】
さて、妖怪スキッパにヌカれたとはいえ


冷静かつ現実的に考えて、拙者は損はしてないのである。


さすがにあんな妖怪にヌカれたとあって


多少・・・というか


かなり自己嫌悪に陥った瞬間もあったが


それは拙者の股差にしまってある刀が


とんだ妖刀で、まったくいうことを


聞いてくれなかったというだけの話なのだ。


「刀こと体は正直」まさにこの一言につきてしまう。


そんな風に考えると、自己嫌悪などは感じなくなり


僕はいつもの晴れ晴れとした日常生活にもどっていく。


そして日常生活にもどり3、4日も経った頃であろうか?






突如として体の一部が日常生活で無くなった。



気がつくとトランクスが濡れているのである。


だがビショ濡れというわけではない。


奇妙なことに少しだけ濡れてるのだ。


最初は小便を斬り損ねたのかな?と考えて気にもしなかった。


だが後々ちゃんと斬っても、やはり濡れたりする。


おまけに小便をしても、


何かまだ残っている感覚さえするのだ。



俗に言う「残尿感」というやつである。



今ならこの時点で泌尿器科に駆け込むのだが


その頃の僕にはそんな知識も経験も無かった。


故にそのまま「ほっとけ暮らし」をしてしまう。


そんなある日、僕ある町娘とS○Xをした。


娘とはそれなりの長い付き合いで


お互いがお互いにとって都合のいい人という感じであった。


そんな娘とのS○Xの途中、玉が揺れるたびに変な違和感を感じたが


僕は強引にフィニッシュまでもっていく、もってイカせる。


さぁ事が済み刀を抜いてコンドームをはずし一息つく。


そして僕は何気なくコンドームをライトにかざして見た。




!?



あ、あれ!?


気のせいかちょっとこれ緑色してないか!?


僕は目を疑うようにもう一度、コンドームを光にかざす。


ああ、やはり緑色に見える・・・


ちょっと待て、あの残尿感、そしてこの乳緑色の精子・・・


ま、まさか僕の妖刀は






ナメック病!?



ふざけんな!なんでまた俺がナメック病なんかにかかるんだ。


なんで俺のチ○コがピッコロさんになんなきゃなんねーんだ!


と言うより、むしろ





「チ○コがピッコロさんになっているからチッコロさんです♪」



なんて一人漫談やってる場合じゃない!


しっかりしろ!立ち上がれ俺の妖刀、毘沙門!!


そもそもそんな病気になる思い当たるふしなんて俺にはない!


全くもってない!・・・ってあぁ!?


あいつだ・・・


あいつしかいない!











そして一人でそんなことを考え固まっている僕に


隣にいる町娘が声をかける。


娘 「ねぇ、どーしたの?さっきからずーとコンドーム見つめちゃって」


桃 「え!?ああ、なんでもないよ(滝汗)」


娘 「ふーん・・・あ!てかなにそれ!?なんか色おかしくない!?」


桃 「色!?どこが!?普通の乳緑色じゃんか!」


すでに反論していると見せかけて、


乳緑色と自白している状態だが、幸いにもこの娘は


天然娘であまり物事を理解しているタイプではなかった。


娘 「乳緑色って何色?てか少し緑がかってない?
   

なんで?ねえ、なんで?」


桃 「それは・・・


それはさ・・・










娘 「マジ!?そんなんで色とか変わるんだ?へぇ〜知らなかった」


桃 「お、おう。そりゃそうだろ!


甘い物を食べ続けると精子の味が甘くなるように、


緑色の食べ物を食べ続けると精子の色も緑になるんだよ」


娘 「ふーん、そんなの聞いたことないけどな・・・」


桃 「あれ!?もしかして疑ってる!?」


娘 「うん、なんかちょっと怪しい」


桃 「ほんとだって。ほうれん草とか食い過ぎると緑色になんの!
   

だから・・・
   

だからさ・・・








娘 「ふーん・・・全然わかんない。ポパイ見たことないし」


桃 「じゃあ今度ポパイのビデオでも借りて見てみような」


娘 「うん」


なんとまぁひどい言い訳集だが、それでも奇跡的に丸く収まった。


その後、僕達はたわいもない話をしてバイバイをする。


乗り切った!僕は危機を乗り切ったのである!


とは言え、自分の精子が緑色になってきていたのは事実、


悩みながら家路に向かう僕の足取りは重く、


月は高く、そして玉の違和感は更に強くなっていた。


第参部へ続く→


にほんブログ村 お笑いブログへ

ランキングに参加しています!一時的かもしれませんがなんと只今4位!
最近がんばってますから・・・
ではこれからもクリックよろしく御願いしまっす!
【2005.09.29 Thursday 19:00】 author : 桃忍者
| 妖刀:毘沙門 | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
【2009.05.26 Tuesday 19:00】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
よく、ほうれん草が頭にうかびましたね(^−^)
ってか、またもやおもしろすぎです☆
ああ、はやく三話が見たいでーす☆
絶対、一位です☆実力で一位です(^_^)
| しんご | 2005/11/07 3:06 AM |
<しんごさん
面白かったすか?
うーん、けど下ネタ要素が強すぎるから
世間受けはあまりよくないのかもしれません。
でも一位をとれないのは知名度もあるんじゃないかと
最近勝手にプラス思考になってます。
ん〜まぁぼちぼち書いて積み上げていくしかないです。
なんせまだオープンして一ヶ月ちょっとの新参ですから。
これからもがんばりやっす!
| 桃忍者 | 2005/11/07 4:30 AM |
てか言い訳のまえに、「相手に伝染したかも」とか考えろよ!!w

って思いました☆

面白い!
こーいうことネタに出来るのって女子にはムリだから、うらやましい。
| ゆの | 2007/04/24 10:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://momoninja.jugem.jp/trackback/27
トラックバック
<ランキング>ランキングオンライン
ブログを書いて100万円ゲット!<ランキングオンライン>では、
| これで完璧(^ ^)v懸賞やろうぜブログ! | 2005/11/06 4:55 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/18 5:08 PM |
←1日1回クリック投票お願いします!