雨でも枯れ木に咲かそうティッシュの花 〜2005.09.28〜
 
トップ戻 にほんブログ村 その他日記ブログへ 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.05.26 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
毘沙門【第壱部】
作品名:「毘沙門」

作者:桃忍者


まず初めに、これは堂々の四部作品である。


体調とペースが良くても完結までに3週間はかかりそうなので


皆さんにはバッサリ覚悟して読んでいただきたい。


さて、時は桃忍者19才の春。


僕はこの頃あることにどっぷり腰まではまっていた。


ビリヤード?それともダーツ?


ばっきゃやろう!



「風俗」です。


正直に言うと最初はハマらない自信があった。


だが現実はそうはいかない。


第一、人がはまる要素を持たないテーマパークが


あんなにも繁栄するだろうか?答えは否、


はまる要素があるからこそ


風俗というものは、あんなにも栄えたのである。


そして残念なことに、僕はその繁栄に貢献する側の人間だった。


今日も僕は友達と


「恵まれない子供達に愛の手を!」


というボランティアの声を無視し、街を抜け


風俗に募金する。


さぁ、今日はどの店にいこうかと歓楽街をふらふらしていると


「30分2000円ぽっきりピンサロ」


という看板が僕達の目にとまった。



桃 「おい!2000円だってよ!どうする?」


K 「う〜ん・・・でも


あんまり安いのは信用性に欠けるんだけどなぁ」


桃 「けど2000円は破格だろ!


たとえ可愛くなくても文句言えないって」


K 「バカやろう。可愛くない場合は


まだいいけど、ボッタリってこともあるだろーが」


そんなことを話していると


その店の中にちらほら人が出入りしていくのが見受けられる。


それを見た僕達は


ボッタリではないことを確信し、店に入った。


ちなみにこの店はピンクサロン、


通称「ピンサロ」と呼ばれる種類の御店で


値段が安い分、シャワーがないのはもちろんプレイも個室じゃない。


店の中には背もたれ付きの長イスが縦に4つ、


それが横に2列、合計8つのイスがあった。


といっても、分かりづらいので図で説明するとしよう。











僕が座ったのは長いす3、


幼馴染みのKが座ったのは長いす8であった。


よって僕の席からはKの頭が見える。


その上、Kにどんな子がつくのかも見えてしまうのだ。


なぜならKにつく娘は


必ず僕の横を通ってKの所へ行くからである。






・・・楽しみである



自分にどんな娘が来るのかはもちろん、


Kにどんな娘がつくのか?実にそれも楽しみであった。


そんなことを考えていた時、


僕の横を店員と1人の娘が通っていった。


そしてKの元へ・・・


桃 「あれか!?Kの御相手はあれなのか!?」


1人、心拍数が上がる僕。


店員が「あ○みさんです」と


Kへ向かってその娘を紹介をしている。


その時すでに・・・





Kの目は死んだ魚のようであった。



Kは仕事が肉体労働な上、


夏でも冬でも毎週サーフィンをしているので


体がかなり大きく、いわゆるマッチョな人である。


だが自他共に認めるそのマッチョであっても





Kはその娘より小さく見えた。



はっきりいえば、その娘は肉付きが良過ぎていた。


というより・・・






「肉」そのものだった。




必死で大爆笑を堪える僕、


すると、後ろから別の店員が僕に話しかけてきた。



店員 「お客様、お待たせしました。ご紹介します」


「待ってました!」と勢いまかせに振り返る僕、


そこで僕の目に写った者は・・・











桃 「・・・」



どわー!


店員さん!これはないよ!






ねぇ、これはない。



一体どこをどう見れば


「いちごさん」に見えるんだ!?


いちごさんどころか・・・


あんた「砂かけさん」じゃねーか!


半ば放心状態に陥る僕、


すると、いちごさんが聞いてもいない自己紹介を始めた。






いちご 「きんばんわ!いつごです!」




桃 「・・・」



おい店員、






こいつ日本語も危ないじゃないか。




ふざけんな!たとえ料金が


2000円でもこんな妖怪つれてくんな!


だが悲しいことにピンサロにおいて


気に入らないから女の子を交換するという制度は存在しない。


そりゃあ、僕だって


こんな妖怪つれて来られたらいっそ言いたい!


相手に失礼だと知っていても、大声でこう叫びたい!!











だがそれは許されないことなのだ。


とにかく現状はいくら嘆いても何も変わらないので


僕は、いちごさんと世間話でもしてみることにした。



桃 「こんちわ・・・」


いちご 「あれ?キンション(テンション)ひくいね。仕事帰りとか?」


桃 「違うよ。まぁ暇だったから来たのかな」


いちご 「へぇ〜じゃあ、きごと(しごと)してないの?」


桃 「う〜ん・・・それは」


いちご 「あ、言いづらいなら別にいいよ、
     

たいきて(たいして)興味もないき(ないし)」


桃 「は!?てかそもそも今のそっちが質問したんじゃん!」


いちご 「ききき!あなたツッコミおもしろーい」


彼女が笑った。



いちごさんが笑った。






「ききき」って笑った。











更に残念なのは、


いちごさんの笑った口の中には・・・





歯がなかった。




正確に言うと要所要所に歯がなかった。


ものすごいスキッパ、そしてこの口臭がまた殺人級。


はっきり言って、まともに会話できる相手じゃない。


「そんな大げさな!」と皆さん御思いでしょうか?


ですが現実に、僕はいちごさんと


面と向かって話しているだけで・・・






既に意識が何度も飛びかけているのです。




生命の危機を感じた僕は


とにかく事を済ませてもらうことにします。


ですが妖怪の時点で刀は萎えてますし、


期待なんか少しもしていませんでした。


だがいざ事が始まると、


僕の刀は薄情なものでピキン!と起ち、


おまけに思っていたよりずっと早く終わってしまいます。


だが言わせてほしい。


僕は「早濡」ではない。どちらかと言えば「遅濡」なのだ。


実は顔が妖怪じみていた「いちごさん」は






なんとフェラ○オの腕まで妖怪じみていた。




おかげ様で微妙な気分になった僕は入店から35分後、


Kと二人で外へでて午後の太陽の光を浴びる。


するとさっきのことが


まるで1つの夢であったかのように感じられた。


そしてこれから拙者の身に起こることも


「夢であればよかった・・・」と今尚思う。


第弐部へ続く→
【2005.09.29 Thursday 18:50】 author : 桃忍者
| 妖刀:毘沙門 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2009.05.26 Tuesday 18:50】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
リンクさせて戴きました!
言っといて遅くなってすみません(´Д`;)

図まで使って解りやすい限りです((笑
| ポカリ | 2006/07/22 2:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://momoninja.jugem.jp/trackback/36
トラックバック
←1日1回クリック投票お願いします!